いよいよ師走・・・締めくくりをしっかり

 ご無沙汰しています。ついこの前年が明けたと思ったら、もう12月。

 落ち着いた先生も忙しく走り回る師走です。今年は、そうは言っても都議選、

衆議院選の二度の選挙を戦い、初めての都議を町田から誕生させ、衆議院

選でも市民連合の皆さんとともに小選挙区で得票を大きく伸ばすことができ

ました。

 個人的にも4月に父を亡くし、後半は母の2度の入院となんだかあわた

だしく、ばたばたと日々をの繰り返しで1年を終えようとしています。

 父が亡くなって8か月が過ぎようとしています。なくなったときは、実感が

わかず、「ああ、いなくなったんだ」と漠然とした寂しさを感じながら、葬式や

法事を行い、お墓を作って埋葬し、信心深い父の魂が少しでも安らげたら

という思いでこなしてきました。時がたったら、思い出に代わり、記憶から薄

れていくのだろうと思っていました。しかしそうではありませんでした。時間が

たつごとに、いろいろな場面での父の家族や私への思いや優しさが思い返

され、「なぜあんなきつい言い方をしたんだろう、もっとていねいに話をすれ

ばよかった」と後悔とともに、涙が出てきます。

 時を経て、父の手紙や文書を垣間見て、子どもとしてだけではなく人とな

りが見えてきて、生前より理解できたからかもしれません。

 生きているときは、律義で生真面目な父がうっとおしく、忙しさにかまけて

向き合って話す時間もとれずに娘らしいこともしてあげられなかったことが

悔やまれます。でも、そんな私を父は理解し、許してくれていたのではとも

思います。

 家族が減って、さびしい年の瀬、でも父と近づき、感謝の思いで1年の締

めくくりができそうです。
 
 

# by ryuko212 | 2017-12-04 13:50 | Comments(0)  

夏がゆく

 まだ残暑が厳しく、今日は30度を超えるという予想ですが、吹く風にはなんとなく

秋の気配が感じられるこの頃です。子どもの頃や勤めていたころの夏休みの記憶からか、

夏が終わる時期には一抹の寂しさを感じる時期でもあります。

 この夏は、故郷(岩手県盛岡市)に戻り父の遺骨をお墓に納めてきました。気になって

いたことを無事終えて、町田に帰った次の日に、ラジオから流れてきた中島みゆきの「帰

省」という歌を何気なしに聞いているうちに、涙があふれてきました。

 父が亡くなり、帰るふるさとがなくなってしまったと二重の喪失感を感じていた私が、納骨の

時に、父の実家のお嫁さんやおばさんたちの温かさに触れて、何より故郷の変わらない山や川

の姿に私の原風景を確認して帰ったばかりだったので、よけい心にしみたのでしょうか。

 ふるさとは、私の心の中に根付いている事を実感した夏でもありました。

 

# by ryuko212 | 2017-09-13 09:04 | Comments(0)  

たたかいすんで日が昇る

 池川友一候補が3位で議席を確保して都議選は幕を閉じました。

町田での日本共産党の初議席は、いろんな人たちの努力、池川さんの

若さと魅力、日本共産党への期待が積み重なって勝ち取った結果です。

いろんな場面でいろんなドラマを作り、それが力となってまた新たな一

歩が積みあがる、たゆまぬ努力の中で生んだ議席です。

 これから池川都議によって、都政との太いパイプができる。本当にわ

くわくしています。子どもたち世代の「小学校のような中学校の全員給

食」、若者世代の「給付制奨学金制度」、高齢者世代の「シルバーパス

利用しやすい料金段階」など各世代の切実な願いを実現するため、世代を

超えてみんなが住みやすい町田・東京を目指して・・・

 町田から日が昇りました。

# by ryuko212 | 2017-07-04 14:19 | Comments(0)  

都議選本番まで秒読み…

 6月23日から始まる都議選まであと3日。もう目前です。

ネットが解禁された初めての都議会選挙、ブログも更新できます。

(ちっとも更新してないじゃないかとおしかりを受けそうですが)
 
 今朝も成瀬駅で、池川友一さんと宣伝しました。「頑張って」「パン

フ3部もらったよ。」の声掛け、「広げてください」の声に頷いて通る

人。今回の選挙は町田市民の切実な要望を届ける架け橋をかける重要な

選挙です。

 それと同時に、安倍政権の目に余る暴走に審判を下す選挙にしなくては…。

国政での安倍政権の委員会審議を中断し、本会議で「中間報告」して強行採

決するなど、かつてない異常な国会運営は、議会制民主主義を壊すものです。

絶対に許されません。しかも、内容は国民のプライバシーや内心の自由を脅か

す恐れがあり、十分な審議と確認が必要です。

 「加計学園問題」においても、なぜ総理の腹心の友の学園だけが、対象と

なるように特区が作られたのか、真相究明を求める国民の声が上がっている

のに、疑惑に幕引きし、国民の忘却を待つような態度は許されません。

 今回の都議会選挙は国政のこのような数の力を頼んだ暴挙に、審判を下す機会

です。国民の思いを反映する結果を出す必要があります。

 そのためにも、いまががんばりどき!
 
 

# by ryuko212 | 2017-06-20 14:01 | Comments(0)  

南地域の足の確保を

 今日は地域の方を訪問。お会いしてご挨拶をしながら、お話を伺いました。

その中でびっくりしたのが、南町田駅の駐輪場の問題です。不足していることは

開設時から、定期利用の希望者がパンクしていることを指摘してきました。とこ

ろが改善どころかますます大変になっているようです。

 お話を伺った方の息子さんは、これまで通勤のため南町田駅まで自転車で

通っていたそうですが、最近歩いて行くようになったそうです。理由は朝7時まで

行けばなんとか駐車場を利用できるが、少し遅くなると地下駐輪場はいっぱいで

東急の駐輪場を探さなければならないそうです。ところがどこもいっぱいで、ぐる

ぐる回って結局見つからないこともあるとのこと、何とか入れても帰りはすし詰めの

駐輪場から自転車を持ち上げなければ出せないと、かえって大変だと、朝早めに

家を出て、30分以上かけて歩いて行くことになったそうです。

 お話は深刻です。元気なら歩いて行けますが、だれもができる選択ではありません。

そのご近所で、南町田駅行きのバスの大型化と増便を何とか実現してほしいと切実に

訴えられました。いずれも交通の利便性の向上はまったなしです。

 住み続けられるまち、選ばれるまちを目指す町田市。そのために何が必要なのか、

声を届け続け、改善を求めていきます。 

# by ryuko212 | 2017-01-27 14:42 | Comments(0)