秋日和、国保税値上げ中止の声上げる

 さわやかな秋の昼下がり、後援会の皆さんと総勢9人で「2年連続の

国保税値上げ中止を求める署名」に協力を求める宣伝行動をしました。

スーパーの脇で、街道を挟んで反対側からスピーカーで訴え、他の人は

署名を集めましたが、車で来店する人がほとんどで、歩いて通る人が

少なく、残念ながら署名は1時間で30人くらい。

 時間帯が11時から12時までの方が効果的だったかも…。でも車から

手を振ってくれたり、不思議そうに見ていく人もあり、町田街道沿いは

宣伝効果はばっちりでした。国民健康保険が、憲法で保障された「生存

権」を守るための社会保障の一環であり、国が責任を持つことなども訴

えました。今は国の財政的負担があまりにも少なくなっているため、し

わ寄せが国保税の値上げを招く要因になっていることです。町田市の繰り

入れ削減も狙いです。特に来年度実施する所得割の値上げは、今年の保険

税20%も値上げをした結果を待ってからでも本来行うべきではありません。

 昨年でも高すぎる国保税を13.5%もの人が払えなかったのに。国民皆保険

を実現した姿とはとても言えません。やはり中止すべきです。これからも署

名の訴えと宣伝を日本共産党をはじめ、いろいろな団体と共闘して集めてい

課なくては!

by ryuko212 | 2016-10-23 21:07 | Comments(0)  

<< 市民負担増が問われる12月議会 国民の声が政治を動かす >>