市民負担増が問われる12月議会

 12月議会の一般質問が終わり、今日から常任委員会が行われています。

私の所属する建設常任委員会は、公園駐車場有料化、および値上げとなる

市民負担を引き上げる条例改正案、民間企業に設計、建設、20年間の管理

運営を一括で任せる総額462億円のごみ資源化施設について企業体との契

約議案、南町田駅周辺のまちづくりを東急と一体で進める予算と、それぞれ

市民生活や税金の使い方が問われる重たい議案が目白押しです。

 はじめに来年廃止予定の住宅改修のうち環境性能向上工事の継続を求

める請願が土建組合から提出され、その意義を訴えられました。屋根、外壁の

遮熱塗装や屋根ふき替えなど住宅機能古向上に利用されている事業で、地元

業者の活用が86%にも及び、経済効果は14倍にもなっていると請願者からの

説明があり、住宅改修を迷っている人を後押しし、地域経済活性化にも効果が

ある事業だと、議員も確認できたのでは…。
 
 結局市内業者のバリアフリー改修100%活用と、バリアフリー化助成の拡大

する要綱を3月議会で提案することを求めて、請願は継続になりました。しかし、

請願者の要望は、あくまでも環境性能工事の助成の存続です。継続ではなく

請願を主張すべきでした。反省です。(つづく)
by ryuko212 | 2016-12-13 17:43 | Comments(0)

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212