冬至と柚子湯

 12月も残すところ10日になり、今日は冬至。ついこの前「秋の日は釣瓶落とし」と

思ったばかりなのに、今日が最も夜が長く、明日から日に日に日が伸びていくのです。

 2016年度の12月議会も明日が最終日。2017年度改定のj議案が目白押し。

中に、国民健康保険税や、地域センター等の会議室使用料、公園駐車場の値上げ

条例は、それぞれ市民生活や活動に大きな影響を及ぼします。また値上げの根拠も

問われます。国民健康保険税は今年度平均20%上げたばかりです。それなのに、来

年度にまた値上げすることは、どう考えても道理に合いません。

 しかも健康福祉常任委員会で来年の値上げは、2018年度の国保の都道府県化で

また大幅に値上げする前の激変緩和として上げるということまで、答弁したのです。

 国民健康保険制度は、誰もが医療を受けられるために作られた社会保障の根幹の

制度です。それなのに保険税が高いため、払えなくて保険証が取り上げられる世帯が

1200件以上も存在する町田市。病院窓口では、10割医療費を払わなければなりま

せん。保険税が高すぎます。

 それなのに、連続で保険税を値上げするなんて許されません。町田市の繰り入れを

これまで通り行い、国の国保負担を引き上げて保険税を上げないようにすべきです。

 医療費を減らすためには、早期発見早期治療が重要です。私も来年1年健康に過ご

すために今晩は柚子湯につかって健康祈願します。

 

by ryuko212 | 2016-12-21 22:56 | Comments(0)  

<< 今年を希望の年に 市民負担増が問われる12月議会 >>