<   2009年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

町田市の貧困ビジネスの実態は

 昨日、日本共産党市議団と、まちだ・さがみ法律事務所との懇談がおこなわれました。

久々の懇談で、町田市政や市民の暮らしの実態など、交流をしあいました。

まちさがからは弁護士、事務局あわせて12人(1人風邪で欠席)と、確実に拡張している

こと、中でも若い弁護士さんたちが着実に育っていることにに、頼もしく力強く感じました。

  
 新庁舎建設や市民病院の現状など、市政についての質問があり、交流した後、貧困ビジ

ネスの町田市内の実態は、どうなっているのか、話題になりました。

 私も、以前町田市内の生活保護受給者の寮に入っている方からの相談があったことを

思い出しました。「高い部屋代や食費までもが、生活保護費から天引きされている。はやく

生活保護から抜け出したいと仕事しているが、食事が貧弱で力が出ない。お金がなくて、

外食もできない」と話していました。

 3年前くらいのことで、今ほど貧困ビジネスが問題になる前でしたが、話を聞いていて、

2人部屋で部屋代が5万円」など、高すぎるのではといろいろ疑問がわきました。

 もっと生活再建につながる支援の在り方が実施されるべきではないでしょうか。

若手の弁護士さんたちもこの問題に、関心を持っていることを聞いて、改善の道筋を町

田市で切り開いていきたいと思いました。

                          




 
by ryuko212 | 2009-10-30 10:22

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212
プロフィールを見る
画像一覧