<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 今日午後2時から衆議院第一議員会館で厚労省交渉が行われました。

町田では取り組みが遅くあまり集まっていなかったのですが、国保料の

引き下げを求める署名、後期高齢者医療制度の速やかな廃止を求める

署名の2つの署名をもって、行きました。

 3名の若い厚労省の国保と医療担当職員(将来は完了を目指すのか

な―)が、参加者の疑問や意見に対して答えました。

 私も先日、街頭相談会で出会った青年のことを訴えました。

昨年3月に会社が倒産して、仕事も無く国保税がとても高くて払えない

減免制度がないかという質問に、国が非自発的失業者の減免制度に

はわずかの差で対象にならないケースについて、猶予を持てないのか。

と質問しましたが、冷たく「できません」という返事でした。

 わかってはいるけれど、このわかい厚労省職員は、リストラにあい、住む

ところも追われて、それでも国保税を払わなければと真面目に頑張っている

庶民の苦しみがわかるのだろうか。もっともっと巷の苦しみを伝えていかな

ければ・・・。資格証になって医療にかかれず、どうしようもなくなって病院に

運ばれたケースについて、訴える切実な声を聞きながら、強く思いました。

 後から駆け付けた小池晃参議員の頼もしいこと。

小池さんの質問に、長妻功労大臣が「(資格証の発行は)はらえるのに

払わないという証明できた人にだけ発行するようにする」と答弁したこれ

までとは違うという重みを感じて、取り組んでほしい。」と鋭い一言。

 町田市にも、この重みを伝えて、資格証発行をすとっぷさせなくては。

 
by ryuko212 | 2010-05-24 23:29

命も金しだい・・・実感

  「75歳以上の医療費の無料化を求める署名」の、町田市への提出日が

迫ってきたので、小池さんの支持を訴えながら、地域を回りました。

  留守が多かったり、いてもインターフォン越しに「今忙しいので…」と断られる

こともありましたが、外でお仕事している方に声をかけると、みんな「ぜひ実現し

てほしい」と署名をしてくださいました。

 とくに医療の問題では、リューマチの治療をされている方が、「お医者さんから

あなたはお金がありますかと聞かれて、びっくりした。治療効果が高い注射に

一本5000円かかるし、薬は1万円以上かかると言われて、楽になればと高い

注射にしたら、良くなった」と話してくれました。

  医療費負担が3割になって所得の少ない人ほど、医療を受ける割合が減って

いる調査結果でも明らかになっているそうで、まさに、医療が金しだいになってい

ます。
022.gif

 
by ryuko212 | 2010-05-16 17:28
 輪番で回ってくる自治会の役員になった我が家、夫と交代で

協力しながら参加することにして、さっそく私が担当で地域福祉

ネットワーク推進会議に出席しました。

 議会で所属する健康福祉部でも、話に出てきた「地域福祉ネット

ワーク」・・・どんなものなのか、先進で取り組まれている南町田

自治会の会議に参加できて、あらためてその大切さを実感。

 8日に開かれた第3回の推進会議には、私のように初めて出席

するメンバーもいて、自治会長や委員長からのこれまでの経過や

内容などが改めて語られた後、参加者それぞれの自己紹介を一回

りして2時間の会議時間が終わってしまったほどの白熱した会議で

あらためて、地域福祉の幅の広さと奥の深さに感嘆しました。

 子どもの虐待の問題や通学の安全確保、高齢者の見守りなど

それぞれの立場からの話、とくに関心が高かったのは、災害時の

要援護者の把握と誰が支援するのかという問題で、課題も明らか

になりました。とくに要支援者については、防災安全課、高齢者福祉

課、障害者福祉課と3つの部に分かれ、行政の意思統一がスムーズ

にいかないということもあるようで、早急に具体化が急がれています。

 なにより、このネットワーク会議の重要性を感じたのは、会議が終わ

ったあとで、集積したいろんな団体の方同士が声を掛け合い、率直な

交流が行われているという点でした。

 帰り際、南町田病院の事務局次長さんに「緊急時の受け入れ病院に

なってもらいたい」とみぎわホームの施設長さんが率直に依頼し、、そ

れに対して「入院が長期化した場合、施設側が高齢者を再度受け取る

ことができな恐れがあるのでは」と、南町田病院側が、現在の介護保険

制度の問題点を指摘する場面など、率直な意見交換をロビーで行われ

ているのです。

 こんなざっくばらんな雰囲気が作れるとは、このネットワーク会議が、

本当に意義のあるものなのです。001.gif 
by ryuko212 | 2010-05-10 01:44
 きのう、5月5日は「子どもセンターばあん」の誕生日でした。

恒例のばあん祭りはお天気にも恵まれ、盛況でした。

 私もいつもご無沙汰しているばあんの会が主催するお店の手伝いがてら

参加し、半日楽しみました。

 今年は焼き鳥に 炭おこしから挑戦しました。一本50円の焼き鳥は、値段からは信

じられないほど、おいしくて、毎年近所の方がまとめて買いに来るほど、好評

です。今年は1000本が1時半までに完売し、私も周辺を見て回るゆとりも持

てました。

 むつみl公園では、土建の皆さんが包丁研ぎなど周辺の皆さんにサービス

するとともに、こどもたちのために木工細工プラ版を楽しめるコーナーを

設けて、大盛況でした。

 金森分会を中心に、毎年、土建のみなさんがテント設営に始まり、ポップコ

ーンや飲み物などのお店を分担から、片付けまでを担当してくださり、全面的

に、ばあんのお祭りを支えていることを、いつもありがたいなと思っています。

 それだけではありません。青少年健全育成南第一地区委員会の皆さんが 

素敵なポプリのハート作りに、民政員の皆さんがむかし遊びの伝承コーナー

をそれぞれ担当して、こどもたちの活動の場を毎年提供してくれます。

 ばあんの会や、学童の保護者会もそうです。
 
 子どもたちの健やかな成長を願い、子どもたちを楽しませるために、協力を

惜しまない大人たちがこんなにいることを、いつかこどもたちにきづいてほしい

とおもいます。053.gif

 
by ryuko212 | 2010-05-06 23:10

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212