<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

安心してくらせる療養型の病院の整備を

 先日電話で相談がありました。

「母が腸管に穴が空いて、手術でストマを装着したが、転院を迫られている。

転院先をソーシャルワーカーに紹介してもらったが、18万円から20万円は必

要とのこと。本人の年金は障害年金だけで、毎月負担ができるか心配。」というの

です。病状についてうかがったら、すでに気管切開の手術をされているとのことで、

一般の療養型病床では入院できるところが少ないと言うことが、調べてみて分かり

ました。気管切開、ストマのかたを、 引き受けてくれるところは、高齢者の療養病

床と一般の入院病床を併設した病院が多く、しかも通過施設として短期での入院

となり、長期型療養病床のあきまちと言うところが多いようです。

 どこもソーシャルワーカーなど入院相談の方が、親切に対応してくださり、たち

いった料金のことも親切に教えてくださいましたが、やはり多くが18万円くらいは

必要(障害者医療減免を利用しても)というところが相場のようです。

 在宅介護で支えようと思っても、気管切開やストマの処理など、24時間の看護

が求められ、当然今の仕事を辞めなければなりません。
 
 わたしも親と同居していますが、どちらかを選択せざるを得ないときがくることでし

ょう。そのとき、本人の年金で必要な医療が受けられるような医療機関、患者が信頼

して暮らせる療養型病院がもっとたくさん必要だと痛切に感じます。

 それと在宅での介護を家族に押しつける今の介護保険制度も、抜本的な改善が

求められています。今回の一般質問でがんばらなくては・・・
by ryuko212 | 2010-08-28 11:27

月下美人咲く

 先日月下美人が2輪花を咲かせた。

父母が田舎から持ってきた苗一本、友人がくれた一本を一鉢に寄せ植えして、

今年は庭に出しておいたら、つぼみを付け、花を咲かせたのである。

 不思議なことに、二本の月下美人それぞれのつぼみが同時に、花を開かせて

見事な花の競演を見せてくれた。咲きそうになったつぼみを見つけて、急いで部

屋に運び、その夜家族みんなで花の美しさと芳香を楽しんだ。

 月下美人はたった一晩だけおもいきり花を開き、ちからを出しつくしたように花弁

を閉じる。美しいが、日の光の下では見ることが出来ない、なんだかせつなくなる

ような花に魅せられた一夜だった。
by ryuko212 | 2010-08-24 22:05 | Comments(0)

おもいでをつくり南町田祭りおわる

 今年は自治会の役員を引き受けた関係で、南町田祭りという

自治会主催の祭りの、実行委員として働くことになった。

これまでは、夫に任せて、準備段階では関わってこなかったので、

初めての経験だったが、今年は自治会直営店の運営で、どっぷり

3日間祭にかかりきりになりいかに祭りを成功させるために、多くの

人の下積みの支えがあるかということを実感した。

 むかしは200名規模の自治会の中の盆踊り中心の祭りが、いま

では5000人以上が参加する大規模の祭りになった。期待にこた

えるためまた新しい試みが行われることになり、大切にされてきた慣

習とぶつかることになる。

 南町田祭り恒例の手作り花火大会が打ち上げ花火に移行する

歴史的年になり、エコのリユース皿の使用についても、いろんな

議論を巻き起こした夏祭り、

 祭りの目的と意義を確認しながら、多くの人の声を反映させる

祭りにするにはどうすればいいのだろうか。

 役員になると、祭りの実行委員が大変なので自治会を抜けたい

という声があるのも、事実なのだから…
by ryuko212 | 2010-08-15 20:01

猛暑の中、さらに暑い地域へ

 ことしは、本当に暑い夏でした。猛暑…何とぴったりした言葉なのか、

さて、暑さの中、福井、会津若松、山形、高崎各市に視察に行ってきました。

 福井市は、恒例の自治体学校に参加するため日本共産党議員団で7月31

日から8月1日まで、飛行機でとんぼ返りでしたが、選挙後の国政の流れを

つかむために大変参考になる全体会に満足して帰ってきました。

 そして、8月2日から4日までは、市議会議会運営委員会で各市議会の

議会運営の在り方や、議場システム、住民参加の在り方などを視察してくる

のです。それぞれの議会で大いに参考になる視察をさせていただいたので

すが、とにかく暑くて、特に山形市は40度という、かつての国内最高気温を

誇っていただけあって、その暑さも半端ではなく、いろいろな意味で記憶に残る

視察になりました。

 会津若松市の市役所は大変古く、表は石造りで、建設されて72年もたって

いるとのこと、エレベーターがないなどバリアフリーに難はあるものの、歴史ある

建物で、議場も威厳とおもむきが感じられました。

 次に行った、山形市も建設して27年もたっているというのですが、きちんとした

ものを奇をてらわず作ることが大切だと、考えさせられました。

 最後の高崎市は、市役所を作って10年、議場に導入したマイクなどの放送機器

の不備が出てきたため、10年たって改修したそうで見せていただきました。

 今回の改修では、簡便でメンテナンスしやすいものをと配慮したそうです。

庁舎を建設する、町田市でも参考にしなければなりません。

 それぞれの市議会の方にお世話になりました。ありがとうございました。
by ryuko212 | 2010-08-11 20:52

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212
プロフィールを見る
画像一覧