<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

09年決算の審査で

 9月議会は6週間の長丁場です。

通常の9月補正予算と条例改正のほかに、前年度の決算を認定する

審査が行われるためです。

 各会派から10人の決算委員が、市長から出された前年度決算をチェ

ックします。毎年、日本共産党からは決算委員が一人、予算は5人で

委員会ごとに分担できますが、決算はそうはいかず、1年分の全委員会

の収入がどこからどれだけ入ったのか、それがどんな事業にいくら使わ

れたのか、使われなかったのか、お金の流れを見なければなりません。

 これが結構大変です。

09年度は、リーマンショックの影響で金融不況が長引き、中小企業の

経営や雇用は深刻でした。町田市には、税収減という形で現れ、当初予

算よりも、8億6千万円も減ってしまったのです。

 不足分を補うために、借金(市債)を増やして、穴を埋めました。

一方で09年度は、新潮社建設の契約を120億円あまりで、鹿島建設と

締結しました。Jリーグ入りを目指す町田ゼルビアのホームグラウンドと

して、野津田陸上競技場を使用させることを決めて、照明灯設置のため

に6億円余り使いました。今後大きな支出が見込まれる、唐木田からの

小田急線延伸のための調査に2000万円を使い、相模原と共同で進め

ました。 大勢の人を町田に呼び込む、中心市街地活性化事業も調査な

どを中心に進められました。

一方で、市民病院は、医師不足の解消や安定した経営を支えるための

繰入金を減らし、入院前渡し金制度を作ったり、診療単価を引き上げて、

採算性を優先に運営されました。

 官から民への掛け声で、市の施設が民間企業に管理運営がまかせて、

不正な使用が明らかにもなりました。

 やはり、2009年度の決算は認められそうにありません。


 
by ryuko212 | 2010-09-29 23:47
 朝から降り続く雨が、夏の暑さを連れ去り、秋の気配を運んでくれた

ことに感謝しながら、一方で降りすぎて、雨が溢れないだろうかと心配

にもなる、まことに勝手なものです。

 それと、今日の午後は町田南地域9条の会が主宰する「いのちの山河」

の試写会が行われたため、足下が悪く参加できない人がいないようにと

降り止むことを願っていたのですが・・・。

 「いのちの山河」は、私のふるさと、沢内村の深澤まさお元村長の生き方

考え方を中心に作られた映画です。

 ぜひとも見たかった映画が町田で上映されるということで、実行委員会に

参加しましたが、今日は出席できず、本番の11月29日には絶対に見に行

こうと決意をしています。

 乳児死亡率が日本一だった僻地の沢内村で、診療所を造り、乳幼児医

療費を無料にして、ついに乳幼児死亡ゼロを達成するとともに、老人医療

費の無料化を、国と対立してでも実現した深澤村長。人間のいのちの重さ

を大切にする政治とは・・・改めて、突きつけられる映画だと思います。

 多くの人に見てもらいたい映画です。
by ryuko212 | 2010-09-23 16:34
 9月議会が始まって、2週間、今日で前半戦の2010年度予算や条例

についての、本会議と常任委員会での審査が終了します。

 これから後半戦は、2009年度決算認定について、どのよう町田市が財

政運営をおこなったのかが、審査されることになります。

 日本共産党からは、決算委員として私が今年は審査に望むことになります。

認定と合わせて、事業や財政運営についての意見も述べられるため、今後の

市政運営にも生かしていける大事な場面です。

 一番高額な公共事業は、小山中央小学校でしたが、今後をみとおせば市役所

庁舎建設は、地下の土台作りが主で、2億7100万円ですが、今後の建設事業

や周辺道路整備等も含めると莫大な税金投入の、その第一歩が刻まれた年に

なります。

 また同じように、市が挙げて応援する町田ゼルビアのホームグラウンド整備も

含む野津田公園整備が7億700万円支出されましたが、今後の推移も目が離

せません。

 これから、一つ一つの事業がどのように進められ、市民の税金がどのように

使われたのか、見直して行かなくては・・・

 職員にお願いして作ってもらった、資料も活用しなくては、申し訳ありません。

当面、9月27日までもう一がんばりです。
by ryuko212 | 2010-09-14 11:24
 夏休みが終わって、一週間。夏休みの子どもたちの様子に絡めて、

こどもの貧困の問題に触れられていました。一ヶ月以上続く長い夏休

みは、こどもにとって家庭に帰ってゆったりとした時間の中で休養した

成長する場です。でも、家庭の状況によって子どもの過ごす環境の

格差が大きくなる時期でもあります。

 夏休みの間、給食が無く、体重が大幅に減ってしまう子どもたちの

ことが、今朝の赤旗の潮流にのっていました。

 先日「子育て9条の会」で、講演された佐藤学さんも、子どもたちの

貧困にふれ、「10月ドロップアウトする子どもが増えるが、その理由は

夏休み中、給食をとれないことからくる栄養不足」とを話されていました。

 全ての子どのもがすこやかに育ち豊かな学力を身につけて欲しい。

大人たちの共通の願いなのに、現実は遠くかけ離れています。

 1950年から60年代、貧しい時代でしたが、教育予算は世界でも

トップだったそうです。憲法の理念を実現するために、国を挙げて、

教育を充実しようとしていた時代、10%も教育予算をカットし、大学の

研究費が削られたり、大学で勉強する奨学金で、600万円も借金を

背負わなければならないような時代が来ることを、予想だにしていな

かったことでしょう。
by ryuko212 | 2010-09-07 09:55

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212