<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

保育園待機児解消のために

 このところ続けて、市議団で新設の保育園の視察に行きました。

いずれも20年期間限定の認可保育園です。

店舗改修型と、新築型それぞれを見せていただきました。

 限られた補助金で、店舗改修型は法人が、新築型は地権者が

建物を造ります。理解ある地主さんとはいえ、採算を考えれば、市の

補助金では当然足りないため、法人が上乗せして、土地建物代を支

払っているとのことで、やりくりが大変だと伺いました。

 店舗改修型の保育園も、家賃は安くしてもらっているが、20年後

返還するときに、現状復帰するためには2000万円もかかるとため

息をついていらっしゃいました。勿論、それぞれの保育園は子どもた

ちがよりよい環境で過ごせるように、色々な工夫がほどこされ、丁寧に

作られています。20年期限付だからといって、手抜きや妥協はしない

という意気込みが、施設から感じられました。いずれの保育園の園長

さんも、保育に対する心情や理想を語ってくださり、ついちりこまれて、

あっという間に時が経ちました。

 町田市はこれらの法人の良心に頼って、支えられて、保育園待機

児解消を進められているのだということを、痛感しました。

 せめてスタート時の初度調便費は必要です。
by ryuko212 | 2011-01-29 20:18

年賀のごあいさつで

  15日を過ぎると、年賀のごあいさつというのも、もう白々しく感じられるのですが、

少しずつ知人や友人を回って顔をあわせ、あいさつに回っています。

 久しぶりにお目にかかる方も多く、月日の流れを感じることも多いのですが、今回

は特に感じました。入院されている方や、昨年まで挨拶に行っていた方が亡くなった

方が何人かいらっしゃって、お聞きしてはいたのですが、あらためて悲しみや寂しさ

をしみじみと感じました。地域を回って、去年元気でお話しした人ともう会うことが

できないという喪失感を実感として、感じたのです。

 しかも、ショックだったのは、独り暮らしの女性が自分の部屋の中で亡くなられてい

たということを伺ったことです。誰にも看取られず気づかれることもなく孤独死された方

が身近でいたといこと・・・。昨年の選挙の時も、近くで街頭からの訴えをしていると、ベ

ランダから手を振ってくれたりわざわざ出てきて励ましてくださった方でした。

 もっと早く訪問していれば、せめて、電話でもかけて、健康状態を確認していればと、

思わずにはいられませんでした。

 あらためて、地域での高齢者の見守りや声かけの必要性をあらためて感じています。

今年も切実な課題にとりくんでいかなくては・・・。
by ryuko212 | 2011-01-18 10:02

成人おめでとう

 昨日は成人式。

 恒例の成瀬駅前での「おめでとう宣伝」は、日本共産党市議団と

地区委員会、民生同盟と合同で行いました。核兵器廃絶署名を集める

新婦人町田支部のみなさんがも大勢いて、宣伝はにぎやかに行われま

した。

 新成人の多くが友だちと連れ立って、改札を降りてきます。

女性はほとんどが、振袖姿で、本当にあでやかでした。

一方で男性はほとんどが黒のスーツと黒のコートで、たまに

色鮮やかな羽織袴姿が目を引くくらいです。

 鳥や昆虫をはじめ動物の多くが、オスのほうが色鮮やかで見た目

に美しく創造されているのに、人類は女性が美しさを競い、価値判

断される・・・。「原始女性は太陽であった」と、宣言した平塚ら

いてうの言葉を思い浮かべながら、美しく着飾った振袖姿に目をた

のしませながら、ビラを手渡しました。

 でも、黒いスーツ姿の男性に比べて、着物姿の女性の多くがチラ

シを受け取ってくれないのは、ちょっと残念でした。

 それにしても新しく大人の仲間入りをした輝くばかりの若者たち

が、平和で明るい未来を迎えられるよう、政治の責任もあらためて

強く感じた時間でもありました。
by ryuko212 | 2011-01-11 21:27

2011年、スタートは前進座から

 昨年の選挙の年とちがって、今年はのどかに新年を迎えました。

一斉地方選候補者のみなさんには申し訳ありませんが・・・

 地域民報1月号を年明けに配って、あとはのんびりおせちやお雑煮

を食べて、テレビを見たり、義兄たちを訪問したり・・・と久々にゆったり

過ごしました。

 また3日は、楽しみにしていた前進座の新春公演「江戸のお正月」

の観劇に・・・。両親も一緒に行くので、車で行くことにして、246号を吉

祥寺一路走りました。まだ、一般道はさほど混雑していず、1時間20分

ほどで到着しました。以前あった駐車場がなくなっていて、多少手間取

ったものの、年が明けて初舞台ということで行われた鏡割りのお酒もい

ただいて向かった座席が、花道の脇でした。

 地元の太鼓連の賑やかな舞台からスタートして、江戸の正月について、

講釈やめでたい踊りに続いて、古典落語の「井戸の茶碗」をモチーフにし

た人情劇といずれもお正月らしい華やかな舞台でした。

 とくに、「くずーい、屑屋でござい」はよく知っているストーリーでしたが、

コミカルでオーバーな屑屋の清兵の演技につり込まれ、大笑いしながら、

最後のハッピーエンドの落ちに、ホットして、見ている私たちまで明るい

気持ちになって笑顔で帰途につきました。

 2011年のスタートがこんなハッピーなゆったりとした気持ちでスタート

できて、「こいつは春から縁起がいいわいなー」という気分です。

 
by ryuko212 | 2011-01-04 15:48

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212
プロフィールを見る
画像一覧