<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
3月議会がスタート
 今日は3月議会一般質問通告日。

午前12時提出締め切りにまずらしく余裕を持って、事務局に

提出しました。議案が配布され、一般質問が締め切られると、

職員が質問内容のヒアリングに押しかけて、定例議会がスタ

ートという趣になります。

 3月定例議会は1年間の予算や市長の方針に基づく条例提

案があり、とりわけボリュームもあり緊張する議会です。

2011年度の議案には軒並み使用料の値上げが提案されて

います。中でも、「公民館」の会議室の有料化は社会教育施設

としての役割を転換させるものです。

 私も青年学級や公民館事業に参加させてもらい、育てられた

1人として、とても残念です。

 会議室の使用料を横並びにというのであれば、市民センター

などの会議室を無料にして、ボランティア活動や市民活動に

有効利用された方が良いのではないでしょうか。

 市長は、施政方針で「安心してくらせるまち」「夢のあるまち」

「環境に配慮したまち」「活力にあふれるまち」「情報共有による

協働の推進」いずれを実現するにしても、市民がいきいきと活

動できる条件整備として、会議室を気軽に利用できることは

最低限必要ではないでしょうか。

 さて、三月議会も、市民の切実な願い実現にがんばります。
by ryuko212 | 2011-02-23 12:50 | Comments(0)
かがやき竣工式に出席しました
 障がい者施設「かがやき」の竣工式が行われました。

 ダリア園や草花栽培などをおこなってきた育成会第一から第三

作業所までが一緒になって新たにスタートする「かがやき」は「き

ぼう」と「未来」と名づけられた生活介護と就労継続の施設になり

ます。ま新しい輝くような施設、これまでなかった給食室も完備し

て通所生のみなさんはどんな未来をつむいでいくのでしょうか。

 新卒のころの教え子、H君やM君の笑顔が目に浮かび、私もハッ

ピーな気持ちになりました。

 それにつけても、これから特別支援学校を卒業する知的障がいの

中、重度の人たちの行き場は新たな課題になりそうです。

 
by ryuko212 | 2011-02-21 00:13
学校図書室の充実を
 このごろ、学校の図書室の役割が気になっています。

きっかけは、「町田の学校図書館を考える会」の昨年末の講座に

出席したからでした。

 それまでは、学校の図書室の存在は重要で蔵書の充実や利用し

やすい環境整備は必要だと漠然と感じていました。

 図書室の整備については、図書ボランティアの方を中心に整理

整頓されていると思っていましたし、実際にどこの学校の図書館

も展示やほんの配列が工夫され、子どもたちが図書室でじっくり

本に触れられるような工夫がされています。実際に町田の小中学

校の図書ボランティアの方の多くは司書資格を持ち、勉強もされ、

ボランティアのわずかな報酬では申し訳ないほどの仕事をしてい

ただいています。

 でも学校図書室(館)の役割はそれだけではなく、子どもたち

が本に触れ、読書に親しむだけでなく、学習や趣味で知りたいこ

とを自分の力で資料を探し、調べる力を養うことができるように

することです。子どもが調べるときに何を見ればいいのか、提示

し、アドバイスするのが図書館司書の大きな仕事です。

 それと、先生たちがより深く子どもたちに学習内容を教える

ための資料提供なども、行えるのです。授業で使いたいものを

司書の方に頼んでそろえてもらうことも出来ます。このような

機能が発揮できれば、どれだけ学習を豊かに広げることが出来

るでしょう。新採の先生たちにとっても、力強い助っ人になるで

しょう。町田市では、本来あるべきと図書館司書の機能を認めず、

単に図書室の整理整頓と貸し出しを行うだけの役割としか考えて

いないために、他の学校ボランティアと横並びで位置づけている

のでしょう。何とか、そこを突破させたいものです。
by ryuko212 | 2011-02-18 00:41
貧困なくす広がりを
 11回目の男女平等フェスティバルが開催されました。「男女平等」参画

都市宣言して10周年。企画も盛りだくさんで、参加したい物がぶつかって

見られないのがあり、残念でした。

 オープニングセレモニーのデュエットグループ「コクーン」のあたたかい

歌声とそれぞれの人生を切り取ったメッセージの込められた歌詞に耳を

かたむけ、心地よいひとときになりました。

 そのあとの「雨宮かりんさんのメッセージトーク」は、人が集まるのだろ

うかと思いきや、ホールの188席がほぼ満杯で、しかも若い人も結構い

て、それだけでも実行委員会のがんばりに拍手です。

 生きづらさの中を生き抜く」という若者の貧困をテーマにした内容も

現状を告発し、解決のための行動提起も含まれていて、二重の意味

で参加して良かったとおもいました。

 雨宮かりんさんのトークは、初めから会場からの質問から入るという

意表を突く進め方でしたが、会場にいる人は気軽に手を挙げて、いろん

な質問を臆せず、かりんさんにぶつけます。

 それは政府の代表者が答えるべきだろうという質問にも、かりんさんは

「うーん、難しいな。」といいながら、なかなか的を得たこたえが帰ってき

ます。

 「労働者派遣法の抜本改正」や賃金引き上げなど具体的に政治が解決

しなければなりません。管内閣が約束しながら、未だに実行できない課題

を世論で動かしていくためにも学ぶ場所は、たくさん必要で、その一つと

して良い機会だったと思います。これを機に、貧困を無くして幸せに暮らす

ために声を上げて、行動する人が広がるよう私自身ももっと努力しなけれ

ば・・・と、雨宮さんの話を聞きながら、励まされました。


 

 

 
by ryuko212 | 2011-02-07 17:23
もっとバスが利用しやすくなるために
 1月31日、かねてから懸案の神奈川中央交通との懇談に

市議団で平塚まで出かけました。

 平塚駅を降りて、すぐ近くの神奈中本社ビルまでの通いな

れた道を歩くと、昨年選挙前に訪れたこと思い出し、感慨も

ひとしおでした。

 その後、南地域方面の町田バスセンターバス停の屋根が完

成し、コミュニティバスの金森ルートも、バス停を増やす工

事が終了して、運行しています。

 町田市は広い面積に居住地域が分散し、さらに拡大している

ため、新たなバス路線の要望やバスの増便、利便性など、バス

交通の充実の要望が切実です。今回は町田市全域のバス路線や

運行、整備に対する要望項目を整理して、懇談しました。

 本社の営業部長を始め、担当課長が総出で対応してくださり、

丁寧にまた真剣に耳を傾けていただきました。ただ、内容につ

いては、具体的に「実施する」ということではなく、多方面に

わたるので、後日回答をもらうということでした。

 今回は各議員がそれぞれ、地域の声や課題を直接伝えるにと

どまりました。ただ、この地域のかわせみ号金森ルートの西田

への延長については、町田市との間で、前向きに検討している

というお話があり、乗車率を心配する地域のみなさんへの嬉し

い報告が出来そうで、安心しました。

 それと、目的地に行くために、多くの場合、バスを乗り継ぐ

ことが必要な町田市の特殊性を配慮して、乗り継ぎの際のは初乗

り料金を引き下げてほしいと、一緒に言った地域の方からも口々

に訴え「研究したい。」と部長が答えました。

 これらの要望を、ぜひ実現させたいものです。
by ryuko212 | 2011-02-02 20:14
  
町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します
by ryuko212
プロフィールを見る
画像一覧
ブログパーツ
最新のコメント
地方自治において 少数の..
by mtbi2008 at 13:35
MTBIの患者の数が 少..
by mtbi2008 at 01:12
お返事遅くなってごめんな..
by ryuko212 at 13:23
町田市内の病院では どの..
by mtbi2008 at 00:40
失礼します。またたまには..
by ryuko212 at 16:59
ごめんなさい。選挙では本..
by ryuko212 at 16:57
これまでこの仕組みが分か..
by ryuko212 at 16:53
土曜の朝8時台から宣伝カ..
by 朝からうるさい at 08:58
ご無沙汰しています。メー..
by ryuko212 at 09:46
お久しぶりです。立候補者..
by 町田学童父母連協白井です at 20:37
検索
最新の記事
南地域の足の確保を
at 2017-01-27 14:42
都営住宅住み替えに希望
at 2017-01-25 00:25
今年を希望の年に
at 2017-01-04 10:55
冬至と柚子湯
at 2016-12-21 22:56
市民負担増が問われる12月議会
at 2016-12-13 17:43
画像一覧