<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
後期高齢者広域連合議会 陳情4件提出 その2
 前回書いた議会に、陳情が4件出されました。内容は、後期高齢者医療保

険料の引き上げを求めるもの、保険料値上げ中止を求めること、短期証の発

行をやめることなど、同趣旨のものでした。その賛成討論を、当日は要点を

絞ったため、読むことができなかったので、そのまま記録しておきます。

 「陳情5から8号に対する賛成討論をおこないます。

  これらの陳情はいずれも、高齢者の保険料の負担の重さを軽減するために、

保険料の引き下げを求め、その財源として国や都の財政支援を求める内容です。

二年ごとに行われる保険料見直しで、ほとんどの人が医療保険料値上げになっ

ています。広域連合の資料によると、09年から11年までの3年間で平均71641

円も所得が落ち込んでいます。それだけ、生活のたいへんな人が増えているので

す。高齢者は貯蓄を持っていて、豊かだといわれますが、それはほんの一部で、高

齢になるほど貧困率が高くなり、65歳以上高齢単身者にあっては、52%を越える

ことが厚労省調査でも明らかです。特に東京のような都会は単身の低所得の高齢者

が増えていきます。知り合いに単身の高齢女性が一日の食費を1000円以内に決め、

通院も減らしているという方が居ますが、1円、10円をやりくりしているのです。

 このような所帯には、保険料が16%も上がることに対応できません。

 陳情5・6号は保険料の引き下げを、8号では引き上げの中止を求めるものですが、

いずれも高齢者の切実な生活実態から出された要望であり、採択されるべきと考え

ます。そして、当然のことながら、保険料を下げるための財源として、国・都、区

市町村の財政的支援は必要であり、議会としてもこの陳情を採択して、国や都に対

しての意思を表明すべきだと考えるものです。賛成討論といたします。以上」

 残念ながら、この陳情は4本とも反対多数で否決されてしまいました。
by ryuko212 | 2011-11-27 14:15
後期高齢者医療広域連合議会に陳情
 11月21日午後から、都政会館で後期高齢者医療広域連合が開催されました。

議員の辞職があり、31人から30人に減る中3名の欠席があり、27人の出席で

22年度決算と補正予算、4件の陳情が審議されました。

 歳入9862億円、歳出9778億円と1兆円近い予算規模で、対象者は120万人も

の決算です。とくに22年度は、2年ごとの見直しで保険料が所得割で平均5%弱上

がったことによって高齢者の負担が増えた年でもあり、高齢者の生活にとってどの

ような影響があったのか、と言う点からも検討されなければなりません。保険料を

払えない滞納者の状況、それに対する自治体のとりくみもいきすぎたものになって

いないか、質疑、一般質問でただしました。

 後期高齢者医療保険ではさすがに医療費を10割払う資格証の発行は、行われてい

ませんが、6ヶ月の短期証は27自治体、666人に発行されています。それ以外に差

し押さえを行っている12自治体もあり、厳しい徴収がされていることも明らかに

なりました。

 滞納者は、年金が1万5千円以下の年金天引きができない人たちです。ある地区で

は年金の差し押さえも行われていると言うのですから、生活の糧を奪うようなもの

です。一般質問で、広域連合として指導すべきだと求めましたが、各自治体に委せる

と言う答弁でした。広域連合という形で医療保険を運営することは、一方で被保険者

の実態や自治体の状況が反映しにくいし、そのことが運営しやすくすると言う機能を

果たすことを実感しています。
by ryuko212 | 2011-11-26 11:47
TPP参加中止の国民的共同をもとめて
 野田首相が、TPP(環太平洋連携協定)交渉に参加の意志の有無を国民に

表明する時が刻々と近づいています。ようやくここに来て少しづつ明らかにな

ってきたTPPの正体。

 参加するためには、加盟国9カ国の同意が必要ですが、とくにアメリカとは

事前協議で、アメリカの対日要求を全て飲み込まないとアメリカ議会で日本の

参加を認めてもらえません。参加するためには、例外なくあらゆる物の自由化

がまな板に載せる必要があることが、昨日の笠井亮衆院議員の質問で明らかに

なりました。

 アメリカからは、これまでも貿易自由化の強い要求が突きつけられてきまし

た。食料の安全規制もその一つで、日本が輸入農産物に義務づけている遺伝子

組み換えなどの表示が撤廃されることも充分予測されます。

 私自身もTPP問題について、知れば知るほど大変な問題だと言うことがわ

かり、中止させるためにできることをしなければと、後援会の方の力もかりて

宣伝と署名に取り組んでいます。昨日は町田市医師会にTPP問題で共同を呼

びかける申し入れを行いました。会長、副会長や総務部長が役員会前のお忙し

い時間を割いて、会って懇談していただき、TPP参加が日本の公的医療保険

制度にとって禍根を残す重大な問題をもたらし、参加すべきではないことを共

通のおもいとして確認できたことは、心強いかぎりでした。

 こんなにに本の未来と国民の命を真剣に考えて、表明すべきではないと言っ

ている多くの人や組織の声や不安を無視して、首相が1人TPP交渉に突き進

むことは絶対に許されません。
by ryuko212 | 2011-11-10 11:26
レスパイト施設「らら」5周年おめでとう
 11月3日文化の日、ぽっぽ町田の会議室で、重度心身障がい者レスパイト

施設「ほっと・ステーションらら」の設立5周年記念のシンポジウムが開催

された。

 町田養護学校の医療的ケアの必要な障がいのあるお子さんのお母さんたち

と先生など賛同者でつくった「きらり」が母体となった。夜もぐっすり眠れ

ず、片時も子どもと離れることができないお母さん方が、少しでも休養でき

るようにと始められたレスパイト施設。

 東京都と市の補助金550万円だけでなく、NPO法人格をとって、訪問看

護などの法内の事業も行うまでになった。

 ここまでのたいへんさを思うとき、保護者の頑張りと共に、養護学校教師の

職を退いて施設の運営に身を投じたNさんとMさんに本当に敬意を表したい。

報告を聞きながら、思わず涙がでそうになった。

 またシンポジウムの中で、花の郷の現と前任の施設長がはなされた。

 わたしが市議会議員になった動機に、重度の障がい者が地域で普通に暮らせる

ように、医療と施設の受け入れを広げたいということが大きな願いだった。

 一般質問の中で、何度も医療的ケアの必要な障がい者を受け入れられる通所

施設を求め続けてきた。お母さん方の切実な願いや町田養護(現町田の丘学園)

の医療的ケアの必要な障がいのある子どもの進路が課題になってきたときであり、

市も前向きにとりくんでくれ、9年前「花の郷構想」として実を結んだ。

 でも実際に施設がスタートして、職員の方達は本当にたいへんだったことだろ

う。昨日、二人の施設長の話を短時間うかがっただけでも、十分察することがで

き、あらためて感謝した。

 「らら」の5周年の記念シンポジウムは、くしくも私の議員活動の初心を振り

返らせてくれた。ほっとステーションららの頑張りは、私への叱咤激励でもある

ことに、気がついた。ららの提携医師の豊川ドクターのお話から、障害者医療の

過大と可能性を見出すことができ、またエネルギーがわいてきた。

 



 
by ryuko212 | 2011-11-04 20:10
ダリヤの里川西町へ
 10月31日、11月1日まで議会の視察で山形県川西町をたずねた。

予算も考えてか、観光バスに揺られて往復17時間あまりの強行軍だった。

でも、町田のダリア園のふるさと川西町は、ぜひ訪れてみたいとかねがね

思っていたので、夢がかない、大満足。朝7時に出発して、午後3時に到

着して、すぐに川西町の施設の視察。作家井上ひさし氏出身地でもある

この町に、氏が寄贈した大量の書籍を基にした「遅筆堂」という図書館は

見ごたえがあり、またここだけでもじっくり見に来たいと思わせるすばら

しいものだった。町の人達がいかに井上久氏を愛し、誇りとしているのか

が伺えた。 今度来るときは、図書館と併設されている小松座の演劇を中

心に上演するという立派なホールで演劇を見たあとに、図書館でどんな風に

書かれたのかを考えながら、井上ひさし氏の著作を読む贅沢な旅をしてみた

いものだとわくわくした。

 その後、町が3年前に作った雪貯蔵による冷房システムを見せてもらった。

いまでこそ自然エネルギーの価値が高まっているが、当時はまだ先駆的な

取り組みで、あまり視察も無かったともことだが、3・11以来増えている

とのこと。このような先見性が今求められているのだと思う。

 その後、川西町議員と分科会ごとに懇談した。市民に開かれた議会をどう

実現するか、それぞれの取り組みを交流しあったり、夕食をしながらの話し

合いも町や議会の様子が聞けて、実のあるものとなった。

 隣り合った議員にTPPについての感想を聞いてみた。自民党係無所属ら

しいが、賛成はできないとキッパリ言っていた。後で、議会の記録を見ると、

反対が一人だけで日本共産党が提案した意見書が賛成多数で可決されていた。

次の日は早くおきて宿泊施設のまえのダリヤ園を散歩した。

 もうとっくに終わっただろうと思ったら、とんでもない、ダリヤは満開で

十分美しい姿を堪能できた。朝もやの中に浮かぶダリヤの色も鮮やかで感動

モノだった。でも11月2日にはもうダリヤを切ってしまうとのこと。雪が降

る前に球根を掘り起こしておかなければならないからとのこと。

 そういえば町田のダリヤ園も4日にはダリヤを切ってしまうといっていた。

わずか19時間あまりの滞在だったが、沢山のお土産をもらった視察だった。
by ryuko212 | 2011-11-03 22:31
  
町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します
by ryuko212
プロフィールを見る
画像一覧
ブログパーツ
最新のコメント
地方自治において 少数の..
by mtbi2008 at 13:35
MTBIの患者の数が 少..
by mtbi2008 at 01:12
お返事遅くなってごめんな..
by ryuko212 at 13:23
町田市内の病院では どの..
by mtbi2008 at 00:40
失礼します。またたまには..
by ryuko212 at 16:59
ごめんなさい。選挙では本..
by ryuko212 at 16:57
これまでこの仕組みが分か..
by ryuko212 at 16:53
土曜の朝8時台から宣伝カ..
by 朝からうるさい at 08:58
ご無沙汰しています。メー..
by ryuko212 at 09:46
お久しぶりです。立候補者..
by 町田学童父母連協白井です at 20:37
検索
タグ
最新の記事
南地域の足の確保を
at 2017-01-27 14:42
都営住宅住み替えに希望
at 2017-01-25 00:25
今年を希望の年に
at 2017-01-04 10:55
冬至と柚子湯
at 2016-12-21 22:56
市民負担増が問われる12月議会
at 2016-12-13 17:43
画像一覧