<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いよいよ議会の始まり

 昨日8月24日、議会運営委員会が開催されました。9月議会が

いよいよ始まります。

 今回は8月29日、9月議会の直前に臨時議会が行われます。

理由は「鶴川みどりの交流館」の工事の遅れのために、工事の

完了期日変更を議会で審議しなければならないからです。

 東日本大震災の影響による資材不足、途中で古井戸が見つ

かった、震災の影響による人材不足と3度目の完了期日の変更。

 安全にできるのか、開所式に期日に間に合うのか、周辺への

影響は・・・など確認が必要です。無事完成することを祈っていま

す。

 9月議会には、24議案と認定(決算)2件、一般会計約37億円、

特別会計約15億円の補正予算がかかります。

 決算委員でもあり、長い議会になりそうです。
by ryuko212 | 2012-08-25 16:45

報道記者の死に思う

 昨日のニュースで大きく報じられた報道記者の死・・・・

山本美香さんが亡くなられたことに大きな衝撃を受けました。

 フリージャーナリストとして、第一線の戦場に出かけ、世界の

戦争地域を駆け巡り、戦争の真実をそこで女性や、子供、など

女性でしかとらえられない視点での報道が評価され、心を揺さ

ぶってきました。

 テレビ報道で彼女の思いが断片ですが伝えられました。「戦争を

なくしたい。」その思いで戦場で起きている事実を伝えたいと、カメ

ラを片手に激戦地を回り、ついに命を落とした美香さん。

 彼女の残した映像は確実にその願いを伝えてくれると思います。

彼女の壮絶な生きざまとともに…

 私も彼女と思いを共有するものとして、平和をひろげ戦争をなくす

ためにできることを続けていきたいと思います。

 心からご冥福をお祈りします。
by ryuko212 | 2012-08-22 11:43

敗戦から67年目の夏に思う

 2012年8月15日は日本が戦争に負けてから、67回目にあたります。

日本が中国や朝鮮、東南アジアに出兵し、国土拡大を図って・・・侵略

して多くの犠牲を生みました。この間中国をはじめとする侵略国でくりひ

ろげられた日本軍の非道な他国民への虐待は、多くの証言とともにさま

ざまな記録が残されています。

 日本軍慰安婦の問題も、今韓国との間で深刻な国際問題になってい

ますが、日本政府が中国や韓国との間のアジア太平洋戦争の謝罪と

保障にはこの問題が含まれていなかったこと、日本政府がこの問題に

ついては正式な謝罪を行っていないことなどが知らされていないため、

決着した問題であるという認識や、そもそも戦争で行われるレイプなど

と同質としてとらえられやすく、軍や国家が関与した重大な人権侵害と

いう認識が理解されにくい問題だと思います。


 日本軍は軍隊の配置したところに必ず慰安所を設け、そこで働く女性

の多くを現地で調達しtこと、そのやり方は「いい働き口があるから」とうそ

をついて連れてきたり、時には無理やりさらってくることもあったりと強引に

人間を調達したことなどが証言で明らかになっています。

 多くが15歳未満の幼いかわいい女の子で、その後の人生はずたずたに

してしまったのです。その慰安所を作ることを決めたのは軍当局であり、命

令によって設置されたのですから、国が関与していると同然であり、政府と

してその女性たちに謝罪すべきではないでしょうか。人間の尊厳を傷つけられ、

その後の人生を奪われた女性たちにとって、自分の人生を奪ったものに謝罪

させるまでは、この問題は終わらせてはならない問題なのです。

 真実が長い間隠されてきたため、知られることが遅れてきましたが、でも

今こそ真実を解き明かすべきではないでしょうか。

 1993年、当時の官房長官の河野洋平氏が「軍の関与で慰安所が設置

され、そこでの女性が意思に反して痛ましい生活を送ったことを認め、今後

尊厳を傷つけたことに対するお詫びと反省の気持ちをどのように表すかを

検討していかねばならないと述べている。(河野談話)

 これ以降残念ながら、この検討は進んでいないどころか、軍や政府が関

与した証拠があるのか、なぜ今頃になって名乗り出たのか、政治的意図

があるのでは・・・などの声があります。

 韓国がいま竹島 問題など強硬な態度をとっている要因として、この慰安

婦問題があるといわれています。未解決のこの問題に真摯に向き合うことが、

外剛の難しい問題も武力によらずに解決していくカギになります。

 多くの人に知ってほしい問題です。
 
by ryuko212 | 2012-08-16 01:54

ほっと一息・・・暑さ対策

 久々に何もない一日・・・お盆のお供えを用意しがてら、ドライブに。

海老名サービスエリアによったら、おいしそうなものがたっぷり。

 不満そうな夫を置いて、ぐるっとウインドウショッピングを楽しみました。

仏様にはおいしそうなマドレーヌの詰め合わせ(洋風では喜ばないかなと

も思いながら、)を買い、おいしそうな魚の干物をお土産にして、さてj帰ろ

うと一番外れのお店から戻ろうとしたら、そこで見つけたのが「盛岡冷麺。

しかもスーパーなどで売っている製麺工場のものではなく、私も盛岡で食

べたことのある冷麺専門店の冷麺。ちょっと高めでしたが思い切って購入

し、晩御飯のメニューに加えました。(というかこれがメイン)

 私と盛岡冷麺の出会いは、19歳のころ、先輩に連れられて入った焼肉

屋さんで食べたのが最初。唐辛子色の真っ赤なスープにおそるおそる口

をつけ麺のしこしこ間、スープの酸味と辛みがマッチした爽涼感。 食後、

口の中が痛痒い感じの辛さがショックな第一印象でした。

東京ではスープや麺が違い、食べることができなかった冷麺。さっそく帰って、

わくわくしながら挑戦しました。

 まず麺をゆで、千切りのきゅうり、スライスしたリンゴ、熟したキウイ、ゆ

で卵、甘いトマト(ふつうは入れない)、焼き豚(本当はカルビの焼肉がいい

かも)忘れてはならないキムチ(冷麺のセットにはついていたのですが、カ

クテキをさらにくわえ)、添付の冷やしたスープを加えて完成です。

 一口食べてみて、「ああ、この味!」と母と感動しました。 惜しかったのは

麺をゆですぎたこと。しこしこ感がいまひとつで、高齢の父にはよかったので

すが、残念でした。

 あとは買ってきた焼き鳥を焼いて、ビールと枝豆でいっぱい。

窓からは風も吹きこんで、涼しさと故郷を目いっぱい楽しんだひと時でした。
by ryuko212 | 2012-08-14 09:19

オリンピック、熱い闘いの陰で

 連日真夜中に行われるオリンピックの名勝負。

ロンドンがいかに遠いのかが、改めて実感しながら、どうしても観たい競技は、

テレビの前に陣取って、仮眠して目が明いたらテレビをつけてみるという不

規則な生活をしています。水泳やサッカー、体操、アーチェリー、卓球などなど

目が覚めたら偶然なでしこジャパンの大野選手のシュートシーンだったり、内村

航平選手の個人総合のつり輪だったり、タイミングよく目が覚めて夢中で応援

する羽目に。

 今大会はメダルラッシュといわれるように、日本選手が活躍していて、よけい

応援が楽しいのですが、何より感動するのは選手がのびのびと楽しそうにプレ

ーしている姿です。その陰には人一倍の努力や苦労があるのでしょうが、オリ

ンピックの大舞台では、練習に裏打ちされた自信にあふれていて、だれも美し

い。本当にたくさんの感動をもらいました。

 しかし、この大きな祭典の陰で、行われている政治の駆け引き。

日本の経済と国民の暮らしを左右する消費税増税をめぐる内閣不信任案を

日本共産党をはじめ、野党7党で衆議院で提出、参院では首相問責決議を出

しました。増税法案を審議する前に、議論されることになります。

 国民にはやらないといっていた消費税増税を命がけでやるという野田首相に

国民の怒りは高まるばかりです。今国会では一度しか採決できない、内閣不信

任案に自民党は揺れて、自らも不信任案をだすことにしたのですが、結局財界と

公明党に揺さぶられて、三党合意の増税法案可決を選択したらしいとニュースが

伝えていました。

 国民の苦しみや日本の未来を見通せない政治は変えるしかありません。

間もなく行われる解散総選挙。フランスなどが選んだ富裕層への増税で、消費税

増税を回避する道があることをつたえなくては・・・・。
by ryuko212 | 2012-08-08 21:54

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212
プロフィールを見る
画像一覧