<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大型開発や箱もの事業にNO

 明日で町田市第二回定例議会が閉会します。市長選後の政策的予算が盛り

込まれた予算で、にぎわいある街づくりのプロジェクトは、進めていけば莫大な

予算の必要な事業がいくつも盛り込まれています。

 都市間競争に勝つ間tだしを目指して推進する方向は、どれだけ多くの人が訪

れる魅力を作るのかにかかっているといわんばかりに、文化芸術ホール(コンベ

ンションホールの名前を変えたもの)、野津田公園整備、薬師池公園周辺整備、

北部丘陵整備などの整備を進め、町田の自慢できる観光地や観光施設をむり

やりつくるというもので、並行してオリンピックキャンプ地として町田に招致する

活動を行っていくそうです。芹が谷公園には、博物館の所蔵品を展示するガラ

ス工芸館を作り、版画美術館とあわせて芸術の森にする構想もつくられている

し、際限のない夢がひろがります。

 しかし、どれも実現するためには財政の裏付けが必要であり、多くの市民の

合意が必要な事業ばかりです。

 事業経過鵜は財政計画とセットで市民に示されるべきではないでしょうか。
by ryuko212 | 2014-06-24 12:46 | Comments(0)

6月議会が始まる

 昨日から町田市第二回定例議会(6月議会)が始まっています。補正予算ですが、

市長選挙があったため、政策的な予算として補正予算で異例な40億円弱となりま

した。なかでも最も予算が多くついているのが建設部。道路整備事業が主です。

 都市計画道路が新規も含めて6本の整備が並行して進める11億円弱の予算で

す。ついで、多いのが都市づくり部。公園緑費7億7千万弱が主で、特に野津田公

園の新基本計画に沿って拡張区域の測量が行われます。子ども生活部でも、冒

険遊び場事業が芹が谷公園でスタートする予算や、保育士の賃金を改善するため

の補助金や保育所整備補助金などが盛り込まれ、5億7000万円になっています。

 「国際コンベンションホール」は文化芸術ホールに名を変えて、整備事業に盛り込

まれました。今回は690万円ですが、町田駅周辺の魅力向上の一環として今後大きく

膨らんでいく事業です。一方で、最も少ない部署が「いきいき健康部」の保健所改修費

の400万円、地域福祉部の1000万円です。政策的予算というだけあって内容に明確

にやりたい方向が表れています。続く
by ryuko212 | 2014-06-04 18:14 | Comments(0)

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212
プロフィールを見る
画像一覧