<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

死体安置所が目の前に

 一昨日知り合いの方から、「地域に死体安置所が作られているのですが、

ご存知ですか?」と問い合わせが入りました。場所としては準工地域ですが、

ミニ開発で戸建て住宅が小さな工場などの事業所と混在し、アパートも新たに

建設されている地域です。小さな子どもたちを育てる若い世帯が多い新興住

宅地と道路を隔てて、目の前にかつて操業していた工場をそのまま利用し、

入り口だけ装飾して、死体安置所としてすでに操業していました。

 周辺住民の方にまったく知らされず、(近所の方が何ができるのか尋ねると

人材派遣の事業所との答えだったとのこと)いきなり死体安置所だったと知っ

た近隣の皆さんの驚きは大変なものだったと思います。

 私が現場を見に行ったときにも、子どもと一緒に帰ってきたお母さんに、子

どもが家に入ったのを見計らって声をかけると、「本当にショック。私も具合が

悪くなった。子どもにはとても言えない。何とかしてほしい。」と切々と訴えられ

ました。自分のことと置き換えても、お気持ちがよくわかりました。

 さらに調べてみて、「死体安置所」という施設自体が全く許認可を必要としな

い施設であり、建物の規模や駐車台数、地盤の工事などに当てはまらなけれ

ば、町田市の建築審査も保健所も指導の対象にならないということです。

 改めて、「死体」が単なる物体扱いで、保存する場所について規制がないことの

問題を感じました。あらたに条例策定などが必要です。
by ryuko212 | 2014-09-19 16:05 | Comments(0)

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212