<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 6月定例議会の一般質問が終わり、今日は本会議で議案に対する質疑を

行って、折り返し点といったところです。

 一般質問で、今回は地域の課題である「南町田駅周辺拠点整備方針」につ

いて取り上げました。町田市と東急電鉄の二者が行うグランベリーモール後

の商業施設と鶴間公園を一体に開発して、賑わいを生むという計画です。

 そのために町田市の土地である市道をつぶして、公園と商業施設を結び、

その代わりに商業施設に訪れる車を通すための16m道路を鶴間公園内に

作るという案はそこに住む住民のくらしや環境を大きく変えるものであり、十

分な説明が必要です。大雨の時に今でも浸水している16m道路予定地の下

に住むみなさんの不安を伝えました。また、、商業施設と公園がどのように結

ばれるのかという質問にたいして、廃止される道路に土盛りしてグランベリー

モールと公園の高さを揃えて、買い物客が自由に通行ができるようにするこ

となど一般質問で明らかにしました。それにしてもいまだに公園や道路がど

のような姿になるのか、どのような手法で、財政的裏付けや役割分担もこ

れからで、ほとんど明らかにならないまま白紙委任で認めていいのかが不安

です。少なくとも検討会や住民の皆さんにもっと丁寧な説明を行うべきです。

 6月議会が終われば、この方針で進めるという強引なやり方は後で必ずし

こりをのこすことになります。十分な話し合いを、少なくとも地元住民とは丁寧に

おこなうべきです。

 もう一つは、調節池の用地として活用される西田スポーツ広場のだk替え地を

求めました。南地域には広いスペースが少なく、西田スポーツ広場と鶴間第2ス

ポーツ広場が調節池や調整池に活用されると、当分野球やサッカーのできる広

場がなくなります。中学校の夜間照明や高校の校庭利用など、あらゆる場所を活

用するよう求めました。答弁では、中学校の夜間照明や人工芝の敷設、公園、緑

地などあらゆる場所を活用したいという答弁がありました。

 もう一つの、介護保険利用料の負担軽減については、時間が足りず、再質問できず、

保険料に加え、利用料までの負担増よる問題の改善を求めて終わりました。
by ryuko212 | 2015-06-12 14:50 | Comments(0)
 6月議会の一般質問2日目、町田市議会は質問者が多く今回も31人の

議員が5日間にわたって質問します。以前は4日間で行っていたので、1日

7,8人が質問し、終わるのが7時8時ということもしばしばでしたが、今は6、

7人と6時前に終わるようになりました。

 さて今日の5番目、地域住民の方から寄せられた強い要望2項目、調節池

に代わる西田スポーツグラウンドの代替え地と市のスポーツ振興施策につ

いてと、南町田駅周辺まちづくり方針の道路や公園の整備について、住民の

声をどのように理解し、反映されるのか、特ににぎわいや都市間競争の拠点

に位置付けられて、そこに住む住民の安産で住みよい住環境が犠牲にされ

るのかが問われています。自治体は何のためにあるのか、地方創世の名の

下で公共施設再整備計画の問題の一端を明らかにできればと思います。

 もう一つは、8月から上がる介護保険利用料金について高齢者への影響を

質問します。私の父も利用料が2倍になるから、デイサービスを3回から2回

にすると宣言しています。デイサービスのおかげで元気になったので通っても

らいたい家族としては、説得するのが大変です。

 通いたくても通えない、こんな家庭がほかにも生まれているのではないでしょ

うか。保険料が1割近く上がったばかりでさらに介護利用料が上がるなんて

高齢者の生活実態を考えない仕打ちです。
by ryuko212 | 2015-06-08 09:40 | Comments(0)

ほのぼの光景

 市役所の1階で久々にランチを食べました。三橋圀民氏の作品「FAIVESUTONE」

のモニュメントと、のんびり歩いていく人を眺めながら食事をしていると、ふと目に入った

親子連れ。若いパパと4歳くらいの男の子。二人並んで池のふちに腰かけています。

 見ると男の子は泣いて抗議している様子。(声は全く聞こえません)一生懸命泣きながら

何かを訴えています。そのうちこぶしを握り締めて、自分の桃をたたきながら地団太を踏

んで、お父さんに向かって訴えています。

 そのパパらしい若い男性はあわてず、怒るでもなく、無視するでもなく訴える男の子をし

っかり見つめて何か語りかけている様子。でも男の子は耳を貸さず、ついにお父さんに

背を向けてなお泣き続けています。

 その間10分以上、根気強く耳を傾けている若いパパに感心しながら、こちらも目をそ

らしてバスから降りる人をしばらくながめて視線を戻すと、男の子は泣き止んで、パパに

に抱き着いています。パパが抱き上げてでんぐり返しをしてあげるともう満面の笑顔で

そのあと二人でじゃれあいながら市役所前の前庭を追いかけっこ。

 こちらまでうれしくなってしまいました。温かい光景に本当に気持ちが癒され、男の子

がきっと素敵な子に成長するだろうな…なんてにんまりしたり、こんな風にゆったり子育

てしてきただろうかとわが身を反省したり…。

  将来こんな子どもたちが戦闘地域でいのちがけで戦うような国にさせてはならないと

いうことも改めて考えさせられました。
by ryuko212 | 2015-06-01 14:01 | Comments(0)

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212