本日10月28日、町田市の国保税値上げ計画について知らせるとともに、

国の国保制度改定の内容や動向を学ぶために、中央委員会社会保障担当

の政策委員である、谷本さんに講師を頼み、学習会を開きました。 いつも

ながらの弁舌さわやかな語り口で、国保の広域化の内容について、わかり

やすく説明していただきました。

 1984年の制度改定以来、国の動向にほんろうされた地方自治体。今回

の国保の都道府県化も、、市区町村が期待したような仕事の軽減化は図ら

れず、結局はこれまで通りの仕事に党y教徒が口を挟み、指導軽減を持つだ

けになるのですから、たまったものではありません。

 地方自治体も市長会などを通じて「国の応分の負担」を求めていると聞いて

心強く思いました。しかし、町田市は国に対して求めることを脇において、赤字

補てん分を、被保険者に求めようとしています。

 市の赤字繰り入れ10%を超える総額12億円を保険料に上乗せする提案で、

しかも子どもから高齢者まで一人あたりの均等割りも値上げする計画です。頭

割りで1万1千円の値上げで、所得や家族構成によってはそれ以上の値上げ

になります。国保制度に加入している人は、自営や農家、非正規、無職(年金

者含む)などです。以前は自営や農家など、収入が一定ある人が7割でしたが、

今では、無職や非セリ記労働者など所得が低い人が7割になっています。

 構造矛盾を抱えた制度として国や都、自治体が支えていかなければなりま

せん。町田市が繰入額を減らすために、行う保険税値上げは、ストレートで

低所得者を直撃することになります。

 今回行われる4年ぶりの保険税の大型値上げ計画は、保険税滞納者を増

やしたり、受診抑制を招く可能性もあり、命や健康を守る自治隊としての役割

を後退させるものです。市民のくらしやいのちを守るために、運動をはじめようと

呼びかけて、学習会の54人の参加者が休止していた「国保・医療をよくする会」

を再開することを確認しました。
# by ryuko212 | 2015-10-28 16:39 | Comments(0)
 安保法制『戦争法』が成立しましたが、廃止に向けた新しい動きが広がっています。

日本共産党の「国民連合政権」の提案が台風の目のように大きな渦の中心になって

いると感じます。法律が成立した当日記者会見で「戦争法廃止と立憲主義を取りもどす

一点での国民連合政府樹立」の提案。

 その後、武器輸出解禁のための安全確保や保険制度の整備、安保法制成立をてこに

国連常任理事国への参加など、戦争法成立と並行して進められる動きは日本の国が何

を目指しているのか透けて見えます。

 さらに安倍首相ンはロシアのプーチン首相と会談して何とかご機嫌を取り結ぼうとする

一方で、アメリカの小浜さんにはあってもらえません。きっとほめてもらいたかったのに。
 
外交でも八方ふさがりの安倍首相。国民のご機嫌を取ろうと打ち出した「一億総活躍時代」

 アベノミクス第2ステージとして打ち出した新三本の矢ですが、「子育て支援」はこれまで

いわれつづけていた 保育園待機児も解決できないでいるのに、社会保障に至っては介護

サービスを削減し、在宅介護化を目指している制度改悪が進められているときに方針の転

換なのか・・・安倍さん、何を言っているのと耳を疑った人も多いのでは。

 戦争法から目をそらすためとはいえ、あまりにも現実とかけはなれているのではないで

しょうか。

 一日も早く立憲主義を取りもどすまともな政府の樹立が必要です!、
# by ryuko212 | 2015-10-02 12:18 | Comments(0)

いざ国会へ!!

今国会に向かう小田急線の電車の中。日本の国の形が変わり

若者が武器をもって海外でアメリカと一体で武力行使できる…

そんな国にさせないために今できることをやり尽くす。

国会討論を聞いてじっとしてはいられないと飛び乗りました。

国会はどんな状況になっているのでしょうか? ブログとツイッ

ターで、報告します。
# by ryuko212 | 2015-09-14 18:12 | Comments(0)
 一般質問も終わり、昨日は本会議の予算質疑の日。

 私も学校施設環境整備の国庫補助が削減されたことと、学校用務業務が

民間委託になることについて、議場で質疑しました。

 学校トイレ改修のための国庫補助が削られ、市債で補うという予算がつき、

その内容や今後の見通しを問い、市長や教育長も国に要望してはと、現状を

質問しました。副市長がわざわざ 答弁に立ち「補助がつかねければ計画通りに

トイレ整備は進められない」と答えました。こんなことは絶対に許せません。

国の予算を復活させて、トイレ整備など必要な学校環境の整備を進める立場に

立たせるとともに、町田市としても4つの公園整備に並行してお金を使うよりも、

優先的に行うべきではないでしょうか。

 それにしても国庫補助金の削減は町田市の事業にも影響を与えています。

今日、健康福祉常任委員会の審議で聞いた重度障がい者施設整備費の補助

金が2億円以上も削減されたことも、市が借金で補うことになったことが明らか

になりました。

 事業は計画通りに行うという答弁でホッとしましたが、昨年から消費税増税さ

れたのに、教育や福祉に関わる補助金が大幅削減なんて、どうなっているので

しょうか。結局福祉の財源にというのはまやかしだったのは・・・。一方軍事費は

5兆円を超え、イージス艦やオスプレイを購入するための予算がしっかり盛り込

まれているのです。優先順位を変えなければ暮らしや命は守れません。
# by ryuko212 | 2015-09-09 12:34 | Comments(0)

涼しいけれど熱い日々

 夏の猛暑がまるでうそのように連日涼しく、湿気の多い日が続いています。

こんな中、戦争法案をめぐって国民と安倍政権の熱い攻防。今日もラヂオで

30日の国会包囲行動のことについて、コメンティーターが「若い人も年配者も

だまっていられないとはじめて参加した人がたくさんいた」というようなことを語

っていました。

   そんな中、野党の修正案審議を行わず、原案で採決をすることを内閣が

決めたそうで、法案採決にむけていよいよ緊迫した状況になってきます。

 9条壊すな!総がかり行動も9月3日、9日の包囲行動を決め、シールズも国

会や各地で抗議行動を行う予定で、連日なんらかの行動が全国で行われます。

   昨日は殿村議員が「戦争法案についての市長の認識」を問いましたが、ただの

一度も市長は答弁に立たず、政策経営部長代わりに、 「町田市議会は安保法

制の今国会での成立を求める意見書も出しており、国会の審議を注視していく」

と答えました。町田市議会が出した今国会での成立を求める意見書が、市長の

答弁にも影響を与えているのです。自らの考えも答弁できない市長も残念です。

 町田でも戦争はゴメン・町田の会が、9月6日午後2時からわかば公園をスター

トして、集会とデモ行進を計画しています。雨が止んで、多くの人が「戦争法案

絶対反対」と声を町田からあげられるよう声をかけています。
# by ryuko212 | 2015-09-02 12:45 | Comments(0)

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212