市民病院の分娩料が値上げに

 6月市議会真っ最中、今日14日は私が所属する「健康福祉常任委員会」

の審査が行われました。予算や条例は少なくてわずか4議案、あとは行政

報告が主な議案でしたが、「赤ちゃんから墓場まで」料金値上げの条例改正

がかかりました。一つは、「葬具使用条例」の改正で、葬儀に使う葬具を引き

上げるものです。近隣周辺自治体(区民葬)との整合性と、民間業者を圧迫

しないためという理由ですが、少しでも安くお葬式を行わなければならない

市民のくらしへの配慮がなされたのでしょうか。

 いま、直奏(直接火葬場で営む簡易な葬儀)で行う方が増えているといい

ます。委員会でも南多摩斎場で、直奏を営まれた方が84人だそうです。

 人生の最後を飾るセレモニーである葬儀を、少ない予算でも行えるように

市の葬祭事業の役割は重大です。民間に委託して行う「区民葬」の半額

程度をめどに、使用料が定められていくとしたら許せない問題です。

 また今回は市民病院の分娩介助料も、大幅に値上げされる条例改正

が提出され、これも近隣自治体や民間との料金の整合性を図ることが

値上げの理由です。

 夜中や休日の出産では、国保の出産一時金では4万円近く不足する

ことになります。

 お葬式も出産も、値上げの提案。市民や利用者の声には耳を貸さな

い、経営性優先の町田市の方向性に危惧を感じます。
by ryuko212 | 2010-06-14 17:05

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212