歯のたいせつさ・あらためて感じる

 健康福祉常任委員を中心に声を掛けていただいて、開催された

歯科医師会主催の学習交流会。これまでも開催されていたようですが、

日本共産党としては初めて出席させていただきました。

 始めに、杉並区の歯科医師会会長の高橋先生から、医療費抑制にも

予防的観点からも「歯の健康」と口腔衛生の大切なことを、お話ししてい

ただきました。歯の健康が血管系の疾患をを始め、全身の健康に大きな

影響を与えることなど、根拠となる資料も示していただき、あらためて、

歯と口腔の健康と衛生が大切であり、それを守るための歯科医療との

連携が大切なことに気づかされました。杉並区の、歯科検診に歯のク

リーニングを組み込んで、受診率を高めている取り組みもお聞きして、

行政の役割にもう一工夫必要なことも、参考になりました。

 また、町田市の障がい者歯科診療の現状についても、歯科医師会の

尽力で発展していることをお話をお聞きして、本当に嬉しく思いました。

 かつて、歯医者さんをさがす障がい児をかかえたお母さんたちの苦労

を見聞きしていただけに、隔世の感でお話をお聞きしました。歯科医師会

の要望としてあげられていた、現在週一回の診療日を増やすことや、麻酔

医の配置など、さらに充実をもとめる先生方のお話を聞いてに、ほんとうに

感動しました。ぜひ、実現させなければと思います。

 講演が終わって、開催された交流会で、何人かの歯科医師の先生方

に、「小池晃さん、(落選)残念でしたね。」と声を掛けられて、お詫びしな

がら、歯科医師の先生方からも期待されていた、小池さんの議席の大

切さを感じて、あらためてがんばらなければと、奮起させられました。
 
by ryuko212 | 2010-07-23 12:23

町田市の市議会議員として、市政や日々の活動を報告します


by ryuko212